「高反発マットレス」の真実、寝具屋が暴露します。

最近は「高反発マットレス」を求める方が増えています。しかしそれだけに粗悪メーカー、ブランドも増えてきました。
このサイトでは本当に買うべき「高反発マットレス」を寝具のプロである私が大暴露しちゃいます。

「高反発マットレス」ってそもそも何?

「高反発マットレス」大人気ですね!そもそも「高反発マットレス」の定義って何なんでしょう?

実は・・・・「高反発マットレス」の正式な定義なんて存在しないのです。もともと「低反発マットレス」の逆だから「高反発マットレス」と名付けようという安易な発想で、ここまで広まったのだから大したものです。では、低反発とはどんな素材なんでしょうか?低反発は1970年に米国のNASAが開発した素材で、反発力が低い(上に物を乗せるとゆっくり沈み込み、ゆっくり復元する)ため、このように呼ばれています。一方、高反発は同じように沈み込みますが、一定のところでストップし、元に戻ります。低反発に比べ、反発力が高い為、高反発と呼ばれているのです。ただ、それだけです。

現在たくさんある「高反発マットレス」の謳い文句から察するに「高反発は沈み込んだ後一定のところでストップし、元に戻る」という部分を強調し、「立ったままの姿勢で寝れる為、理想的な寝姿勢で寝れる」「負担のかかりやすい腰の部分をサポートできる」という「高反発マットレス」の特徴としているところが多いですね。
この理論には個人的には納得できます。低反発では腰の部分が沈み込みっぱなしになるので、寝姿勢は極端に湾曲したものとなります。よって低反発マットレスは寝ているときは非常に心地よいかもしれませんが、朝起きた時にピキピキっとなる経験をされる方も多いのではないでしょうか?あと温度感性(温度によって硬くなったり柔くなったりする)があるのも個人的にはマイナスです。

ただ、ウレタンの素材としては「高反発マットレス」は特別なものではありません。低反発ウレタンを発泡できる工場であれば高反発ウレタンを発泡することもできますし、一部の超特殊なウレタンを除いては「高反発マットレス」の良さは主に「密度」「反発力」「マットレス自体の厚み」で区分けされるべきです。言ってしまえば皿を洗うスポンジも、マットレスの大きさまで大きく発泡させてしまえば「高反発マットレス」と謳ってしまっても何ら問題ないでしょう。いかに寝具としてふさわしい「密度」「反発力」「厚み」を持たせているか、が重要となります。

相互リンク募集してます。

「高反発マットレス」の一般的な特徴

「高反発マットレス」の一般的な特徴をまとめます。逆にここで書く特徴を持ち合わせていないマットレスは
「高反発マットレス」とは呼べないと思います。仮に「高反発マットレス」と謳っていてもです。

通気性が高い―あくまでも低反発と比べてってことです。コイルやスプリングマットレスの方が通気性は高いです。
温度によって硬質変化が生じにくい―暑くても寒くてもその硬さはほぼ一定を保ちます。
反発力が高い―ニュートン数でいうと、100ニュートン以上が高反発と呼べるのではないでしょうか。低反発は大体60ニュートン未満です。

但し、ニュートン数はかなり許容範囲が広い為、100ニュートンのマットレスを170ニュートンですって言い張っても問題ないっていう
問題があります。ちゃんとしたメーカーであればこのニュートン数をほぼ一定に保てるのですが、粗悪なものだとバラバラです。

「高反発マットレス」の良し悪しを見分ける方法

私は職業柄、さまざまなブランドの「高反発マットレス」を実際に購入し、寝て試し、売れそうなものは通販サイトで売りさばいてる本職のマットレス屋なので、サイトの説明ページとレビューを見るだけで大体良いマットレスか悪いマットレスか分かるようになってきました。ちなみに良い「高反発マットレス」というのは
1.「高反発マットレス」の特徴をしっかり持ち合わせている
2.耐久性があり長持ちである
3.ウレタンの「密度」「反発力」「マットレス自体の厚み」が値段に見合っている

まずは「高反発マットレス」の生産国ですが、これはどこでも構いません。欧米産だろうが国産だろうが中国だろうが一長一短です。

欧米産 「マットレスで寝てきた長い歴史があり、発泡技術も進んでいる」ので安くて良いものが日本に輸入できます。
ただ、輸送費が価格に乗っかってくるのでロールパッケージじゃないと割高になるケースも。縫製や汚れでクレーム品が多いのもご愛嬌。
国産産 欧米産と比べ、ウレタン自体の質が劣ります。輸送費とか色々乗っかってこないので値段は控えめです。
いずれ欧米に品質・技術力がおいつくとは思いますが今はまだ発展途上です。
中国産 人件費が高騰しているとはいえ、その余りあるコピー能力で飛躍的に技術力が上がっています。
一部の生産工場は欧米マットレスと遜色のないレベルと言っていいでしょう。ただ・・・粗悪品の多さも目につきます。ウレタンに混ぜ物をして密度底上げが得意なのも困ったところです。
どこの国のマットレスだろうが、まずはウレタンの「密度」に注目してみましょう。密度表記のないマットレスは基本的に悪いマットレスです。
密度とは一般的に比重とよばれ・・・・みたいな説明がありますが、ここでは端的に数値で表します。深く考えなくても良いです。
下記の表は厚さを8cm~10cmくらいと仮定します。

密度 私的考察 価格帯
10-15d(kg/m3) 激安「高反発マットレス」がこれ。1ヶ月も経たずすぐに形状変化(ヘタり)してしまいます。 ¥2,000~¥10,000
20-25 安めの「高反発マットレス」の値。耐久性はまあまあです。3年持てば良い方かな。 ¥10,000~¥15,000
25-30 メジャーな欧米産ブランドがこれくらいです。ブランドと厚さにもよりますが5年~10年くらい持ちます ¥17,000~¥40,000
50-55 多分30年くらい使えるレベル。ちょっとオーバースペック気味。 ¥40,000~¥200,000

ここで重要なのは「密度」=「反発力」ではないこと。密度はあくまでもウレタン自体の値段と耐久性に関わること。
「密度」を上げると「値段」と「耐久性」が上がるんですが、「反発力」を上げても寝心地が変わるだけで「値段」も「耐久性」もあまり変わりません。

つまり
・「反発力が高いからこのマットレスはすごい!そして高い」みたいな高反発マットレスはボッタくりなのでダメです。
・「高反発なのに圧倒的な安さ!」みたいな高反発マットレスは「密度」が極端に低く長持ちしないのでダメです。
・「30」だの「50」だの謳う低価格ブランドもあります。売値¥10,000以下でそんなマットレスを作るのは赤字でもなければ現実的に無理です。
 最近はウレタンを発泡させるときに色んな混ぜ物をして密度の底上げをする中国工場もあります。

あと大事なのが、マットレスの厚みです。ウレタンの「厚さ」は「密度」と同じくらい「値段」に影響を及ぼします。
値段を追い求める余り「厚み」を削ると「高反発マットレス」の特徴でもある体圧分散を損なうことになります。
一般的にマットレス一枚で底付き感なく成人を支えるのに必要な厚さは10cmです。これ以下だと横寝の時なんかにどうしても肩や骨盤に底付き感を感じます。

つまり、「密度30以上」、「厚み10cm以上」の「高反発マットレス」が、その高反発たる特徴をしっかり持ち合わせた「良い「高反発マットレス」」です。

ちなみに、勉強がてら安いマットレスのウレタンの質を調べるために厚さ8cm以上で1万円以下のマットレスを10商品購入し5kgのダンベルを置いてみたことがあります。結果は1日と持たずダンベルの形に凹んだまま戻らなくなってしまいました。それに比べ密度25-30あたりの欧米産マットレスは1週間経とうが凹みができる事はありませんでした。。。恐るべし。。。皆さんも安いマットレスを買われたときは実験してみてはいかがでしょうか?

各ブランドの批評(個人的見解です) オススメ順

APEMAN PAD(エイプマンパッド) おすすめ度★★★★★
エイプマンパッドは発売して間もないブランドです。あまりにもマニフレックスのメッシュウィングに酷似した見た目だった為、品質を疑っていました。初めは本当に「ダメなら90日使って返品すればいいっか」的な軽い気持ちで購入しました。しかし使用日数を重ねるたびに、その完成度の高さに驚かされています。市場の評判を見ても販売から9カ月足らずでレビュー総数800件を超え、そのほとんどで高評価を得ている(楽天市場調べ)怪物っぷりです。私は発売された本当に最初の方でエイプマンパッドを購入したので、約9カ月が経過しております。寝心地と9カ月たってもヘタる様子のないエイプマンパッドの耐久性に満足しており、友人などに勧めまくっている訳ですが、とある人がH3と間違って購入したPAD9、これもいい高反発マットレスですね。三つ折りできない厚みと反発力なので収納性は劣るかもしれませんが(二つ折りはできました)、ボコボコ加工されてる面のH3とは違った柔らかさの感じられる寝心地、すごく好きです。分かり辛いですがボコボコ加工はこんな感じ↓


これからはPAD9で寝ることにして、H3にはダンベル耐久テストに参加してもらいました。
エイプマンパッドH3のダンベル耐久テスト
Sleepleのダンベル耐久テスト
マニフレックスのダンベル耐久テスト

エイプマンパッドの返品について
ある人にエイプマンパッドを勧めた時に「返品する時に手数料かかるんじゃない?」と聞かれたので、実際どれくらいの手間なのか問合せをしてみた。返品の概要は一度問合せしたことあるけど費用感については確認してなかったのは当サイトの落ち度でした。まず返品の概要から。
1.90日間試用した後の1週間以内で、電話かどこかしらの販売サイトより返品希望のメールをする。
2.返品の際の梱包と送料の手間をユーザー側が負担する旨と 〇エイプマンパッド公式フェイスブック

【おすすめの「エイプマンパッド」】
エイプマンパッドH3
エイプマンパッド看板商品の一番人気マットレスです。三つ折り10㎝の厚さで密度30Dの170Nです。画像見てもらえれば分かりますが、マニフレックスのメッシュウィング(ミッドグレー)にそっくりです。マニフレックスメッシュウィングとの違いは取っ手がないことと、エイプマンパッドの反発力がすこーしだけ高い気がします。私の使用日数は約9カ月、心から「当たり」と言える高反発マットレスだと思います。90日使ってダメだったら返品サービスというのがあるので(モットン方式)「マニフレックスのメッシュウィングに興味あるけど、お試しできないかなー」という人にはこの三つ折り超オススメ。今はミッドグレーだけでなくミッドブルーも登場しているようです。

【販売サイト】
楽天市場
Yahooショッピング
Amazaon
マニフレックス おすすめ度★★★★★
マニフレックスは「高反発マットレス」の火付け役となっただけあって、コストパフォーマンスはバツグンです。3万円台のものから寝心地をしっかりと追及したフラッグシップモデルまで欧州ブランドのたゆまない努力をマニフレックスからは感じさせられます。私はウレタンを見る時、「感触」「匂い」「気泡の美しさ」から良し悪しを見ることが多いですが、どの観点から見ても高水準だと思います。あと、マニフレックスの長期保証ですが芯材がヘタったら本当に交換してくれました。メーカー元に直接言うのが交換してもらえるコツ。サッカーや野球、相撲(笑)まであらゆるスポーツのトップアスリートが実際に使用している点も信頼できるポイントです。

【おすすめの「マニフレックス」】
メッシュウィング
マニフレックスのメッシュウィングは私が考える本物基準の「高反発マットレス」としてエイプマンパッドH3と張り合うポテンシャルを持っています。三折りタイプなのですが、厚みも11cmと十分で耐久力も申し分ありません。このウレタンで3万円台の10年保証なら文句ないでしょう。¥6,000のマットレスを1年くらいで買い替えること考えたら、10年で6万円。メッシュウィングの値段はそれの半額ってことです。マニフレックスよりもエイプマンパッドを推してる当サイトですが、エイプマンパッドは発売からまだ1年足らずということで10年使える保証はありません。そういう意味でマニフレックスの長期保証は、マニフレックスが身体に合う人にとっては重要な要素かもしれません。私はブルーを来客用に1本置いてあります。泊まりに来る友人たちの評判も上々ですよ。ちなみにマニフレックスは安売り品が見受けられるようになりましたが、ちゃんとした保証が受けられるかどうかは分かりません。リピーターの方にオススメの保証が受けられないと明記してある安売り品もあります。

【保証あり最安】
マニフレックス・メッシュウィング シングル
¥33,858→¥30,472
マニフレックス・メッシュウィング セミダブル
46,332円→¥41,699
注目!マニフレックス・メッシュウィング  ダブルサイズ ¥58,806→¥27,225

【保証なし最安】
数量限定20%OFF マニフレックス メッシュウィング(シングル)ミッドブルー
¥33,858→¥27,086
少量限定!20%OFF マニフレックス モデル246(シングル)ホワイト
¥39,204→¥31,363

エコラテ おすすめ度★★
三折りが素晴らしいと思います。値段もそうだし、ウレタンの質も中々です。側地もしっかりとした3Dメッシュで理にかなった構成。私は「高反発マットレス」の価格の基準はエコラテにあるんじゃないかと思います。これが最低基準で、これ以下は「高反発マットレス」と呼べる代物じゃありません。※最近のマイナーチェンジで価格も上がってデザインもひどくなりました。スペックに対して割高感がいなめません。アフィリエイトは確認できず。
エアウィーブ おすすめ度★★
まず耐久性がない割に高すぎると思います。だって真夏の車内に放置してただけで溶けて使い物にならなくなるって酷いですよ。薄いのに携帯できないじゃないですか。
ブランディングのせい?同じような高反発マットレスが半額以下で販売されているのを見ても価格に納得がいきません。あと体圧分散できてるのかも疑問です。
モットン おすすめ度★(2017年1月14日修正済み)
クレームがあったので削除しました。
雲のやすらぎ おすすめ度★
クレームがあったので削除しました。
SLEEPLE おすすめ度★
クレームがあったので削除しました。
番外編:アフィリエイト高額報酬シリーズ
クレームがあったので削除しました。
当サイトの高反発マットレス解説、いかがだったでしょうか?このサイトを作った当初は、セルプールとマニフレックスをお勧めしていましたが、昨年の5月にエイプマンパッドが発売され、それを使用し始めてから私の中の「高反発マットレス」の価格概念は打ち崩されました。「安い値段で悪い商品」は誰にでも作れるし「高い値段で悪い商品」を売る方法も残念ながら世の中には溢れています。例えば私が絶対に売る気がない「モットン」や「雲のやすらぎ」を、アフィリエイト還元率が高いってだけで持ち上げるようなサイトはわんさかあります。「安い値段で良い商品」こそが、メーカーとユーザーのどちらも満足させる方法だと思いますが、中々そんなものは作れません。私はエイプマンパッドがそんな商品になりうるのではないかと期待しております。

 

▲上へ戻る