ごくみん(GOKUMIN)の真の評価

今Amazonで人気のごくみん(GOKUMIN)をプロが評価

高反発マットレスランキングマニフレックスのおすすめマットレスエイプマンパッドVSメッシュウィング返品保証の罠高反発vs低反発ごくみん(GOKUMIN)の真の評価おすすめのブックシェルフお問合せプライバシーポリシー 最近高反発マットレス(高反発マットレスって何?という人はこちら)のごくみん(GOKUMIN)というマットレスについての問い合わせが増えているので、調査してみました。このシリーズは他のマットレスでもやっていきます

ごくみんの商品

・厚み4cmの高反発マットレス 6780円 レビュー365件
・厚み5cmの高反発マットレス 7980円 レビュー105件
上記2種類がメイン商品。Amazonレビューはこのくらいついていればそこそこ売れている商品とみていいです。AmazonでGOKUMINや高反発マットレスで検索すると非常によく似たパッケージの非常によく似た商品がいくつか見られます。この酷似具合は中国工場でのOEM商品にGOKUMINと名前を付けてブランディングしているものと見受けられます。OEMというのは、製造メーカーに自社のブランド商品を製造してもらった商品という意味です。要はウレタンもある、側地も揃ってるという製造メーカーに「うちのブランド名をつけた商品を作って欲しい」と依頼し、パッケージや側地に自社ブランドのロゴをあつらえるなどしてさも自社オリジナル製品として販売する手法です。だから、ブランド名やパッケージのデザインは違っても根本的な部分ではほぼ同じ高反発マットレスと言っても過言ではないマットレスが溢れかえります。


右がGOKUMIN、左は読めなかった


これまたよく似た類似品

製造メーカーにとってはOEMの需要が増えればウレタン原料や側地を大量発注でき安価に作れるというメリットがあり、かつ小ロット生産は請け負わず少なくとも20~40フィートコンテナ1台分の数量から受注するというスタイルを取るため、リスクが少ないという利点があります。委託する会社側からすると、品質検査済みでほぼほぼ出来上がってる高反発マットレスに自社ブランドロゴをつけるだけなので、一定の品質は担保できます。その上、コンテナ単位の発注となる為これまたリスクを最小限にビジネスができるのです。

ごくみんのウレタンスペック



この表の中で注目すべき部分です。
・密度:32D
・硬さ:180N
・復元率:99.1%
・低ホルムアルデヒド
・販売元:日本
・メーカー保証:1年

不思議なのは「硬さ」「復元率」「低ホルムアルデヒド」のBOKENの品質試験報告書はあるのに、一番肝心ともいえる密度試験のデータが公開されていない部分。自分なら「この価格で密度32D?まじか?」と最も疑ってしまう箇所なだけに、ただ公開し忘れているだけだとしたら致命的なミスだと思います。あえて伏せているとしたなら、密度32Dの裏付けはなく、他の激安高反発ウレタンと同様の20D~25Dの高反発マットレスではないかと思われます。それと「販売元:日本」は何のための情報なんだろうと思います。日本の会社が売ってるのだから当然販売元は日本に決まってますし、そこに記載すべきは「製造元」の表記だと思います。まあ、間違いなく「製造元:日本」ではないと思うけど、そういう風にミスリードするための記載だと思われます。

ごくみんのレビュー

Amazonレビューは星4.3なので概ね高評価。しかし、Amazonレビューなんていくらでも操作できるので信頼性は皆無です。レビュー管理に厳しい楽天でそこそこレビューがついてきて本当の評価は下されるのではないかと思います。365件のレビューのうち、低評価は78件。そのうち、Amazonで買ってないのに低評価を付けている人が29人。これは恐らく類似品を扱う他業者からのネガティブサクラレビューを受けているものと思われます。一方で高評価を付けている人は287人中283人がAmazon購入マーク付き。しかし、Amazonのポジティブサクラレビューの集め方を知っている人からすれば、これは当然と言えば当然です。サクラレビューとは、企業から見返りをもらう代わりに高評価レビューをつけたり、逆にライバル企業の商品に低評価レビューをつけたりする行為のことです。世の中には便利なツールが存在していて、Amazonレビューのサクラ度合をはかるサクラチェッカーというものがあります。サクラチェッカーでGOKUMINをはじめとする類似高反発マットレスのサクラ度を調べてみました。

サクラチェッカー調べ
ごくみん(GOKUMIN) サクラ度10%(まず安全な商品です!)
Grehome サクラ度90%(危険サクラに注意!)
Sweetnight サクラ度99%(危険サクラに注意!)
MyeFoam サクラ度30%(警告)
マニフレックス サクラ度20%(注意)
エイプマンパッド サクラ度10%(まず安全な商品です!)
JingXiGuoJi サクラ度60%(警告)

私の予想は大きく外れ、ごくみんのレビューは至極まっとうな状態にあるということが分かりました。サクラチェッカーの評価は完全に信じるわけではありませんが、GrehomeやJingXiGuoJiといったごくみんの同じ工場で作られているであろう高反発マットレスは信用に値しないレビューだということだけは確実です。

ごくみんの総合評価

初めは中国製の安価で怪しげな高反発マットレスだろうとタカを括っていましたが、少なくともAmazonのレビューを参考にすればこの価格帯ではなかなかの一品なのではないかと見受けられます。しかし、表記の一部に裏付けがなかったり(特に密度)、怪しませるような表記(特に販売元:日本)があったりして、額面通りのスペックだとは思えない箇所も見受けられます。この価格だからこそ、あんまり寝具にこだわらないユーザー層に受けているのではないかと思いました。密度32Dの裏付けをしっかりと公表し、楽天市場やYahooショッピングでのレビューの数を重ねていけば、もっともっと売れていく商品ではないでしょうか?またAmazonレビューにおいて☆1つの低評価をつけたユーザーに対し、返品・返金を促すコメントを必ず残している点は、ものすごく評価すべき部分かと思います。



高反発マットレスランキングマニフレックスのおすすめマットレスエイプマンパッドVSメッシュウィング返品保証の罠高反発vs低反発ごくみん(GOKUMIN)の真の評価おすすめのブックシェルフお問合せプライバシーポリシー

 

▲上へ戻る