マニフレックスを買う前にマニアの評価をチェックしよう

一口にマニフレックスといっても商品は多岐に渡ります。使う人の体型や使う環境に合わせた商品選びに第三者の観点からマニフレックス商品を評価してみます。

マニフレックスってなに?

マニフレックスはイタリア生まれの高反発マットレスです。歴史が長く、それこそ誰も「高反発マットレス」なんて言葉を使っていなかった時から「高反発マットレス」を連呼していたパイオニア的存在です(高反発マットレスって何?という人はこちら)。今となっては「高反発マットレス」で溢れかえっている寝具市場ですが、マニフレックスにはその長い歴史から培われてきたノウハウとマットレスの種類の豊富さがあります。もちろん当たりハズレの商品も存在するので、このサイトではどの商品がどんな性能を持ち当たりなのかハズレなのかを評価していきます。ちなみに評価する私はマニフレックスを愛してやまないマニフレックスマニアです。実際に使用しているマニフレックスはこれまでに8種類。体感するだけなら全てのマニフレックス商品をショールームなどで何度も体感しています。

マットレスタイプ

一般的にはベッドフレームの上で使うことを前提としたマニフレックスの中でもスタンダードな商品群です。価格の低いものから高いものまでラインナップがあり、寝心地の感触がそれぞれ異なります。寝心地の良し悪しは個人の裁量によって決まるでしょう。

モデル246
マニフレックス モデル246
コストパフォーマンス◎。マニフレックスのマットレスタイプの中で最も価格が安いのがこれ。マニフレックスの標準的な硬さのウレタンを採用しているので、万人向けのモデルです。座ると沈み込み柔らかく感じるので、実際に寝て試してみることが重要。体圧分散性能は他のモデルと変わらないので、ベッドフレームの上で使う前提でまずマニフレックスを試そうという方には入門用モデルとしておすすめです。側地がコットン100%でしかも化学的な処理をあえてしない仕様の為、綿花の種子がところどころ黒い点々になっておりそれが気になる人も結構いるみたい。しかしカビではないので安心してください。また、真空パックから開いたときにコットンと中のウレタンが引っかかり角ずれをよく起こすのも246の特徴です。
価格:39,204円(シングル)
カラー:ホワイト、ピンク、グレー
硬さ:170N
サイズ展開:セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
エアメッシュ
マニフレックス エアメッシュ
コストパフォーマンス△。寝心地は246とほぼ一緒。 モデル246の側地がメッシュ生地になっただけ。スプリングマットレスに比べるとウレタンマットレスはやはり寝ている間のムレが気になるもの。それをできるだけ緩和しようと、綿側地からメッシュ側地にバージョンアップしたものがエアメッシュです。なので寝心地そのままに通気性アップが図られていますが、どうせシーツをかけるだろうからメッシュ生地の効能がどれだけあるか分からないのが難点です。綿花の種子の点々と角ずれが起きない点は246に比べて優秀と言えます。
価格:41,580円(シングル)
カラー:ホワイト
硬さ:170N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
マニスポーツ
マニフレックス マニスポーツ
マニフレックスの中で最も寝心地が硬いモデルがこれです。コストパフォーマンス△。好き嫌いがはっきり分かれるかたさ。体重が軽すぎる女性や子供だと、腰の部分をしっかりサポートできない恐れがあります。逆に体格ががっしりした80kg以上の方だと恐ろしくフィットする尖ったマットレスです。必ず店頭で実際に寝て試して検討することをお勧めします。その場合は、実際に腰のくぼみに手をあててマットレスがしっかり腰に食い込んでるかチェックしてください。
価格:47,520円(シングル)
カラー:ホワイト
硬さ:200N
サイズ展開:セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
エアメッシュハットトリック
マニフレックス エアメッシュハットトリック
コストパフォーマンス○。エアメッシュの側地が取れるように作られた商品です。何がいいかっていうと寝汗が半端ない人や子供のお漏らしなど、いざというときに洗えるというところが優れています。でもそんなにしょっちゅう洗う状況にはならないと思うので、パッドを敷いたりすることで対応できます。モデル246やエアメッシュよりも上側地部分に中綿が入ってるので若干ふんわりした寝心地。
価格:47,520円(シングル)
カラー:ホワイト、グレー、ピンク
硬さ:170N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル
フラッグFX
マニフレックス フラグFX
コストパフォーマンス〇。これまで紹介した商品は全て厚み16cmだったが、フラッグFXは厚み22cmと高級感あふれる作り。メインとなるウレタンは上記で紹介したマットレスと同じものだが、そのウレタンをサンドイッチする形で、まくらにも使用されているウレタン2cm(上下なので計4cm)を採用。柔らかすぎず硬すぎない独特の気持ち良い寝心地を生み出している。側地には木製ファイバーを使用しているため、防臭効果もあるという優れもの。店頭で是非試してほしい非常に寝心地の良い商品です。値段は高めです。
価格:95,040円(シングル)
カラー:ホワイト
硬さ:170N+70N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル、クイーン

三つ折りマットレス

一般的にはベッドフレームの上、もしくは床に直接敷いて使うことを前提とした商品群です。インターネット通販だとこの三つ折りシリーズがマニフレックスの代名詞とも呼べる存在です。収納性が高く日本の住環境に適した商品です。

メッシュウィング
マニフレックス メッシュウィング
価格の手ごろさ、マニフレックスのベーシックな寝心地を再現可能な10cmという厚み、保証年数10年という長さでインターネット通販サイトではこよなく愛されている三つ折りマットレスです。来客用に押入れに1枚入っていると重宝します。私はたまにリビングでテレビ見ながら眠りにつくたくなる症候群ですが、そんなときもフローリングにメッシュウィング1枚敷いて横になります。寝心地はモデル246よりも側地が薄いので少し硬く感じます。底付き感はありません。
価格:33,858円(シングル)
カラー:ミッドブルー、ミッドグレー
硬さ:170N
サイズ展開:セミシングル、シングルロング、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
メッシュウィングレオナルド
マニフレックス メッシュウィングレオナルド
メッシュウィングの正当な後継モデルと呼べるのがレオナルドです。メッシュウィングと違い、ウレタンが2層構造になっており硬めと柔らかめの2種類の寝心地が選択できます。しかしそれだけの違いでメッシュウィングより16,000円も高いのはいかがなもんでしょうか?コストパフォーマンスを重視する私としては△な商品に見えます。
価格:49,950円(シングル)
カラー:ベージュ
硬さ:170N+115N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル
DDウィング
マニフレックス DDウィング
三つ折りはほとんど厚み10cmなのですが、DDウィングだけは厚み13cmと別格です。ウレタンは2層構造で、三つ折りの中で一番柔らかい寝心地になっています。フラッグFXの寝心地を三つ折りで再現したとしたらDDウィングができちゃったという感じでしょうか。なので値段も三折りマットレスにしては別格の高さとなっています。
価格:59,400円(シングル)
カラー:ホワイト
硬さ:170N+70N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル

お布団タイプ

フローリング、畳の上に直接敷いて使う前提のお布団タイプのマットレスです。基本的に1枚で使えるし、三つ折りでの収納も可能。三つ折りマットレスよりかコンパクトに収納でるし軽いので高齢者や女性にオススメ

イタリアンふとん2
マニフレックス イタリアンフトン2
お布団タイプの中で最も売れてる商品がこれ。側地にちょっと入ってる詰め物のおかげで若干ふんわりした寝心地。意外にもリバーシブルで寝心地が変えれるという構造です。厚みが側地込みの7cmなので体格が大きい人が横寝になると若干の底付き感はあるんじゃないかと思われます。側地はドライクリーニングのみ可能となっています。
価格:27,606円(シングル)
カラー:ブルー、グリーン
硬さ:170N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル
マニフトンカモ
マニフレックス マニフトンカモ
最近ラインナップに加わったと思われる新商品です。が、イタリアンふとん2との違いは側地の柄がカモフラージュ柄になったくらい?かと思いきや、側地が水洗い可能だそうです。価格もイタリアンふとん2と同じなのでカモの側地の派手さが嫌でイタリアンふとんにするか、側地水洗い可能という清潔感でマニフトンカモを選ぶのかという感じになります。
価格:27,606円(シングル)
カラー:ホワイト、グリーン、ブルー
硬さ:70N
サイズ展開:シングル
スーパーレイロイヤル
マニフレックス スーパーレイEX
芯材がまくらで使われている柔らかいウレタンのみで構成されているため、とっても柔らかい寝心地。でも柔らかい素材=重量があるので、例えば高齢者の方が収納したりする場合にはその重さがネックになりそう。モデル246のようなスタンダードな硬さのマットレスの上に敷くと、なんとフラッグFXのような寝心地を再現できます。「マニフレックスは柔らかいほど高い」というセオリーにもれず、スーパーレイも高めの価格設定になっております。
価格:45,144円(シングル)
カラー:ホワイト、ピンク、グレー
硬さ:70N
サイズ展開:シングル、セミダブル、ダブル、クイーン

まくら

マニフレックスのまくらの素材は高反発とも低反発ともいえるなんとも微妙な柔らかさ。この感じは他のウレタンのまくらと一線を画す完成度と言えます。柔らかいけどしっかり押し返す特性があります。

ピローグランデ
マニフレックス ピローグランデ
マニフレックスのまくらの中でベストセラーの商品。大きくて弾力があって素晴らしいまくらです。ウレタンのまくらは洗えないというデメリットがありますが、そのデメリットをカバーするくらいの気持ちい寝心地。とにかくこのまくらは子供が寄ってきます。うちでは家族分5個購入して使っています。
価格:18,442円
カラー:ホワイト
硬さ:70N
エアトスカーナ
マニフレックス エアトスカーナ
ピローグランデが形の定まってないノンシェイプ型と呼ばれるのに対し、エアトスカーナは形が定まっているシェイプ型に分類されます。まくらの向きを変えることで9cmと10cmの高さを選択できます。私はたまーにグランデじゃなくてトスカーナの方が頸椎にフィットする日があります。高めのまくらが好きな方におすすめのまくらです。
価格:18,442円
カラー:ホワイト
硬さ:70N
レギュラーピロー
マニフレックス レギュラーピロー
こちらもシェイプ型のまくらで、首を載せる部分がはっきりと決まっています。高さは中くらいでグランデやトスカーナと比べるとかなり小さいまくらです。横寝になった時でも首にまくらがフィットする用に作られていますが、寝相が悪い人だとこれがきっちりはまるかどうか微妙です。
価格:14,256円
カラー:ホワイト
硬さ:70N
レディースピロー
マニフレックス レディースピロー
レギュラーピローを女性向けにカスタマイズしたやや低めのまくらです。もちろん私のように男性が気に入る場合もあります。私はレギュラーよりもレディース派で、気に入った部分はまくら自体の高さ。首がちゃんと収まって支え上げられている感じになりました。
価格:14,256円
カラー:ホワイト、ピンク、グリーン、ブルー
硬さ:70N
フラットピッコロ
マニフレックス フラットピッコロ
マニフレックスのまくらの中で最も低めの枕がフラットピッコロです。形状はピローグランと同じくノンシェイプ型ですがかなり低めなので、タオルをまくら替わりに使ってる人なんかにおすすめです。
価格:14,256円
カラー:ホワイト
硬さ:70N

マニフレックスはどこで買っても同じなのか?

マニフレックスは意外と高級品です。特にこれまでマットレスに拘りの無かった人達がいざマットレス選びに身を乗り出してみると、「良いマットレスってこんなに高いのか・・」と思われることでしょう。マニフレックスの場合、インターネット上を見ただけでも非常にたくさんのショップが取り扱っています。あなたならこの高級マットレスをどんなお店で買いますか?安いお店を探しますか?ところがマニフレックスは価格を統一化されており、極端に安売りしているところは見受けられません。ポイント狙いで楽天市場を探してみますか?これまたマニフレックスはポイントの高倍率化を行っている店が無くどのお店も差が見受けられません。

私ならどんなお店を選ぶのかということを考えてみました。ある時、私はマニフレックスのマットレスを購入し届いた商品が少し汚れていたことがありました。いわゆる初期不良というやつです。期待感が強かったために、がっかりした気分でメーカーに交換してもらおうと電話しました。メーカーからは「購入した店舗にご相談ください」という回答でした。もしやと思い長期保証の対応はどこになるのか聞いてみると「それも購入した店舗にご相談ください」という事でした。

つまり、こんなに高級なマットレスだけど購入するお店選びは慎重にならなければならないということです。例え10年保証がついていたとしても、購入したお店が10年以内に無くなってしまったとしたらどうでしょうか?初期不良にはしっかり対応してくれるお店でしょうか?

幸い私が購入したお店は初期不良発覚後すぐに交換対応してくれました。そのお店との付き合いはもう7年を超えています。私がマニフレックスを買うときはいつも同じお店で、特別な割引やポイントはありませんが、高価なものを買えるという安心感がとても重要だと感じています。



 

▲上へ戻る