高反発マットレスおすすめランキング

ステマなし。数ある高反発マットレスブランドをプロの目線でズバっと評価します。

高反発マットレスおすすめランキング

市場で販売されている主要な高反発マットレスをウレタンの密度、厚み、かたさ、反発弾性、復元率とプロの私の独断を加味したランキングをご覧ください。私は職業柄、非常にたくさんの種類のマットレスを実際に入手し体験できる環境にあるので、ここに記載した以外の高反発マットレスは体感でき次第ランキング付けしていこうと思います。

1位 ヨーネルコ(YONERUKO)
Point

密度、反発弾性、厚みの3拍子が揃ったコスパ最強マットレス

YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ロゴ

ヨーネルコ マットレスは密度30D、反発力190N、反発弾性41%、8万回圧縮した場合のヘタリ率1.7%といずれも第三者検査機関のカケンの試験結果が提示されている正真正銘の高反発マットレスです。重要なスペック(密度、反発弾性、復元率など)の全てにおいて第三者検査機関のお墨付きがあるのは私が調べた限りではヨーネルコしかありません。

YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)カケン検査結果1
YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)カケン検査結果密度
現在このレビューをアップするまでにヨーネルコの三つ折りマットレスを1ヵ月ほど使用していますが密度30Dに間違いない寝ているときの安定感と適度な反発力を体感しています。しかし、ヨーネルコで驚くべきはその価格です。私が使ってみて使用感が合格ラインに達するのはよくある話で、大抵の商品が価格を聞いた時に「高すぎるでしょ・・・」となるのですがヨーネルコは衝撃のワンプライス。シングルで15,290円とエイプマンパッドよりも安く、しかもセミダブル→ダブルとサイズアップしても価格が変わらないのがヨーネルコです。この売り方は私は今まで聞いたことがありません。「価格でサイズを選ぶのではなく、使用するユーザーの環境に本当に適したサイズを自由に選んでほしい」というのがヨーネルコのポリシーだそうです。なによりヨーネルコの品質の高さは、エイプマンパッド以来の衝撃を感じてしまいましたので、今後ヨーネルコが売れていくのは間違いないでしょう。ダンベルテストもやってみたので結果を公開します。
10㎏の乗せやすい形状のダンベルを購入したので12時間乗せてみます。
YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ダンベルテスト1
朝の9時から夜の9時まで乗せてみました。ダンベルをどけてみて凹みが無ければ文句なしの耐久性です。
YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ダンベルテスト2
ダンベルを乗せていた箇所に円形のあとが少しありますが、ウレタン自体に凹みなどは一切見られません。
YONERUKO(ヨーネルコ マットレス)ダンベルテスト3
価格帯
15,290円
サイズ
横97cm×縦198cm×厚み10cm
密度
30D(KAKEN)
かたさ
190N(KAKEN)
復元率
98.3%(KAKEN)
反発弾性
41%(KAKEN)
重量
7kg
販売窓口
Amazon
Point

耐久性の高さと洗える清潔感を重視するならこれ!

セルプールロゴ

密度50Dと反発弾性63%を備えた最高スペックの高反発マットレス。ただ、数値は全て第三者機関証明のない自称の数値となります。実際に使ってみると、そこらの高反発マットレスにはない強力な弾力とウレタンの耐久性を感じることができます。そして、芯材が洗えるというのも大きなポイントです。ユニクロ商品でも流行ってるテンセルパウダーがウレタンに結合されているので吸湿、放湿に優れ本当に気持ちよく寝れます。情報が少ないので買うのには勇気がいるかもしれませんし、在庫も切れがちなのが玉にキズです。あと50Dの密度を誇るだけあってお値段もそれなりにします。
価格帯
39,800円
サイズ
横98cm×縦197cm×厚み8cm
密度表記
自称50D
かたさ
自称64.5N
復元率
自称99%
反発弾性
自称63%
重量
8㎏
Point

高反発マットレスの老舗。ブランドによる安心感、安定感を求める人はこれ!

マニフレックスロゴ

我が家で使っているメッシュウィングと実家で使ってるイタリアンふとん2、そして今はまりかけてるフラッグFXのいずれも素晴らしい商品だと思います。コスパよりも何よりもブランドの信頼度を大事にするという人にオススメのメーカーです。重要な密度は自称だし反発弾性は表記なしなのですが、なんといってもマニフレックスには高反発マットレスブランドとしての長い歴史があります。そしてマニフレックスにしかできない10年以上の長期保証もあります。10年以上経営してない会社の10年保証なんて信用に値しませんが、マニフレックスは高反発マットレスだけのラインナップで50年くらいの歴史があるのです。また、それほど長い歴史のマニフレックスなのでお試しできるお店が全国に存在するというのもユーザーにとっては助かります。東急ハンズからイオンまで幅広く目にする高反発マットレスのブランドではないでしょうか。きちんと保証対応してくれる販売店選びさえ失敗しなければ、長い付き合いになること間違いなしです。サッカーの香川真司選手や野球の山田哲人選手などが愛用している高反発マットレスです。
価格帯
27,606円~154,440円
サイズ
横97cm×縦198cm×厚み7cm~23cm
密度表記
自称31D
かたさ
自称170N(190Nもあり)
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
重いのから軽いのまで
Point

密度30Dの元祖15,000円台マットレス

エイプマンパッドロゴ

低価格・高品質の代表だったのがエイプマンパッドです。過去形なのは、今や高反発マットレスは高品質で1万円中盤の価格が溢れているからです。それでもスペックの正確さを裏付ける密度の第三者機関の証明と6年に及んで販売をしてきた実績は新人高反発マットレスには醸し出せない信頼感をにじませます。残念ながら彼らには反発弾性という概念が抜けているのか数値不明なのが惜しいところです。
価格帯
9,800円~15,800円
サイズ
横95cm×縦195cm×厚み5~10cm
密度表記
30D(BOKEN)
かたさ
170N(BOKEN)
復元率
98%(BOKEN)
反発弾性
不明
重量
4㎏~7kg
Point

断トツ安い高反発マットレス

売れている商品からインスパイアを受け独自に中国で大量生産し薄利で販売するのが得意なタンスのゲンさんから販売される高反発マットレスです。目を疑うような頭2つはとびぬけた価格の安さ、密度も30Dを標榜して文句なしの商品かと思われがちですが、私はいまいちこの商品を信用していません。というのも過去3度も購入したのにも関わらず、一度たりとも長く使うことができなかったからです。しかしながら売れているのは確かなので、5位にランク付けしてバランスをとることにしました。
価格帯
6,980円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
自称30D
かたさ
自称210N
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
6.47kg
Point

怪しい商品から脱却した高反発マットレス

モットンロゴ

昔、散々このサイトでこき下ろしたこともあるモットンですが、今は不死鳥の如くまっとうな高反発マットレスを生産するブランドになりました。第三者機関のお墨付き密度30Dで国産を実現したのは素晴らしいとしか言いようがありません。僕がいまだに嫌いなのはモットンの嘘くさいランディングサイトだけになりました。値段は強気にマニフレックスと同等ですが100日返品保証付きで、保証の条件さえクリアする自信があるのならば初心者にお勧めです。
価格帯
39,800円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
30D(KAKEN)
かたさ
自称140N、170N、280N
復元率
96%(KAKEN)
反発弾性
不明
重量
7.5㎏
Point

色々惜しい情報不足なニューカマー高反発マットレス

高反発マットレスを本気で探している人にとっては、知りたい情報が何一つ公表されていない残念な高反発マットレスです。ウレタンのデコボコ加工の形状は他に見ない形状なので期待したいところですが、マットレスのプロが関わっている商品だとは思えません。
価格帯
27,980円
サイズ
横97cm×縦195cm×厚み10cm
密度表記
不明
かたさ
不明
復元率
自称98%
反発弾性
不明
重量
不明
Point

Amazonで結構売れてる激安 高反発マットレス

個人的には密度34Dでこの価格は不可能だと思ってます。第三者機関の証明なければこんなスペック何とでもいえるし、ハイスペックを自称した上で価格を安くつければそりゃ売れるよねっていう詐欺商品。しかもスペックの販売元(日本)って書いてるのは明らかに製造元(日本)だと勘違いさせるための悪質な表記。これで寝れる人は正直どんなマットレスでも寝れるんじゃないかと思います。
価格帯
7,980円
サイズ
横95cm×縦195cm×厚み5cm
密度表記
自称32D
かたさ
自称180N
復元率
自称99.1%
反発弾性
不明
重量
3.7kg
Point

軽さと洗える清潔感を重視するならこれ!

エアウィーヴロゴ

中の芯材がウレタンではない高反発マットレスです。なのでウレタンマットレスよりも軽くて通気性が高く洗えるから清潔で、お布団に慣れてる人にとっては有能なベッドマットレスと言えるでしょう。但し、ウレタンの高反発マットレスとはまた違った寝心地ですし、好き嫌いのはっきり分かれるベッドマットレスです。元スケートの浅田真央さん、テニスの錦織圭選手、タレントの渡辺直美さんなどが愛用しています。こちらもマニフレックス同様、しっかりとした会社が展開しているブランドなのでデパートやホームセンター、インテリアショップなど多数の場所で試すことができるというのが強みです。ただ寝心地や使ってる素材に対して値段は高すぎるのが大きな欠点です。
価格帯
25,000円~300,000円
サイズ
横100cm×縦195cm×厚み6cm
密度表記
不明
かたさ
不明
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
7kg
ウレタンの密度 コスパ 情報の信頼度
× ×
ラインナップ

エアウィーヴ(シングル)
エアウィーヴ (シングル) ¥64,800(税込み)
厚みが6cm、3年保証付きです。エアウィーヴの良いところは通気性の圧倒的な高さと中身まで丸ごと洗えるので清潔に保てるというところです。

Point

不思議な形状で不思議な寝心地の高反発マットレス

オクタスプリングロゴ

密度が書いてないのでウレタンの質は分からないけど、この形状はインパクトあります。楽天レビューの評価は低めです。この厚みでこの加工がしてあるとどうしても底付きを感じる人が多数いるというのが低評価の原因と思われます。
価格帯
19,800円~29,800円
サイズ
横97cm×縦193cm×厚み7cm
密度表記
なし
かたさ
不明
復元率
不明
反発弾性
不明
重量
不明

 

▲上へ戻る