高反発と低反発、日本人に合うのはどっちのマットレス?

欧米人と日本人は骨格、骨密度、筋肉のつき方などが大きく異なります。高反発マットレスと低反発マットレスの特徴から日本人に本当にフィットするマットレスを探ります。

欧米人と日本人はこんなに違う

ウレタン系マットレスの中でも低反発と高反発の二つがあるのを、このサイトに辿り着いた皆さんはご存知だと思います。 このサイトにあえて「日本人」という言葉を入れました。欧米諸国の外国人と我々日本人とでは骨格の大きさ、骨密度、重量、筋肉のつき方、骨盤の位置に至るまで大きな隔たりがあります。果たして日本人に合うのは低反発なのか高反発なのか色んな観点から検証したいと思います。

経済成長に伴い栄養が改善された現在でも、日本人と欧米人とでは身長をはじめ様々な違いがあります。 身長の平均だけ見てもその差は明らか。またカルシウム摂取率の低い日本人は骨密度も低くなりがちです。 これは日本人、アメリカ人、オランダ人、フランス人の男性の平均身長、BMI値を元に作成された3DCGです。
左からアメリカ、日本、オランダ、フランス
欧米人、日本人比較

左からオランダ、アメリカ、フランス、日本
欧米人、日本人比較

横から見ると背中の曲線が日本人は比較的滑らかで、欧米人は特にお尻がでっぱっているのが分かります。 マットレス選びにとって背中の曲線はとても大事なものだと私は考えます。つまり欧米で流行っているマットレスが 日本人にもフィットするというのは大きな間違いです。もしあなたが一般的な日本人体型なら「欧米で人気!」といううたい文句のマットレスは真っ先に選択肢から除外すべきでしょう。

デンマーク発の低反発マットレス

低反発素材は元々NASAにより、ロケット打ち上げ時の衝撃緩和の目的で開発されました。その素材をもとにマットレスを製品化したのがデンマークのテンピュール社です。テンピュールで取り扱っているマットレスのほとんどは海外で販売している商品となります。つまり決して日本人向けの商品ではないという事。一部「フトン」シリーズと名付けられたカテゴリは日本人向けに作られた商品みたいです。柔らかく寝る人の姿勢をそのまま維持するという特徴があります。

低反発マットレスを選ぶ時の注意点

低反発は低いなりに反発するのがポイント。質が悪い低反発ウレタンは反発力が0(指で押しても戻ってこない)の事もあるので、しっかりと指押し確認が必要です。また、低反発は人が寝た場合、従来の形状から大きく変化します。そして睡眠時間の6時間~8時間は大きく変化したままになります。ということは耐久性も低くなりがちです。保証の有無や、耐久性の言及にもしっかり目を向けましょう。

低反発マットレスのデメリット

・蒸れやすい、暑い
・室内温度により硬度が変わる
高反発マットレスの耐久性の指標でよく使われるのが密度。低反発マットレスは実はウレタンの密度がとっても高いのです。しかし密度の高さ=耐久性の高さというわけではありません。なぜなら低反発マットレスはその柔らかさゆえにウレタン自体が大きく変形します。密度がいくら高くても大きく変化した状態が続くと結果的にウレタンが変形しやすいという事になるからです。


低反発マットレスが合う人

例えば姿勢が矯正不能なくらい歪んでいる人は、その歪んだ姿勢のまま寝るのが楽。 ということで「寝る人の姿勢をそのまま維持」して寝る分には低反発マットレスが合います。 主に高齢者や脊椎の変形に伴う腰痛(変形性脊椎症)を発症している方は低反発マットレスの方が熟睡できるでしょう。 低反発マットレスの需要について 一時は流行した低反発マットレスも今や下火。理由は低反発を求める層がそもそも少なかったからに他なりません。低反発マットレスが合う人でも説明した通り、本来姿勢の歪みの少ない人には低反発マットレスは合わないからです。逆に姿勢の歪みが少ない人が低反発マットレスで長い間寝てしまうと逆に姿勢の悪化に伴う腰痛を発症する場合もあります。低反発マットレスの有名ブランドであるトゥルースリーパーが、今や高反発マットレスを大々的に展開していることからも低反発マットレスの需要の低さが垣間見えます。一方で低反発マットレスのパイオニア「テンピュール」も国内での業績は大変厳しいということですが、欧米では多少なり需要があります。日本人よりも背中の筋肉が発達しお尻がつきでた体つきは、柔らかでお尻がしっかりと沈み込むマットレスが好まれるからでしょう。


低反発の逆の発想で流行った高反発マットレス

高反発マットレスはイタリア製ブランドのマニフレックスがパイオニアと呼べるでしょう。しかし本国イタリアのマニフレックスと日本のマニフレックスの商品展開はまるで別物です。日本はあくまでも日本独自の仕様でマットレスを展開しています。またマニフレックス以外にも今は沢山のメーカーが登場しています。


高反発マットレスを選ぶ時の注意点

高反発マットレスは厚みと密度が特に重要です。ニュートン数なんてあってないような指標ですので信頼しすぎないようにしましょう。厚み5cm以上密度30D以上が高反発マットレスの必須条件と言えるでしょう。


高反発マットレスのデメリット

・商品数と価格差が激しいので選択に困る
・低反発マットレスほどではないが蒸れやすい
高反発マットレスは密度が重要!と私は常々言ってきましたが、最近は安物マットレスでさえ30Dを標榜するようになってきました。しかし、ウレタンの原料価格は原油と同じように相場が決まっています。ちゃんとした原料をちゃんとした分量で発泡させたウレタンはそんなに安くありません。何かを混ぜ込んで密度を上げたウレタンは結果的に長持ちしないマットレスということになります。


高反発マットレスが合う人

前かがみになったときに腰が痛い人、背筋を伸ばして寝るのが苦じゃない人。日本人は欧米人と比べ背中の筋肉が発達していないので 高反発マットレスに寝ることによって立ったままの姿勢を維持し眠ることができます。


高反発マットレスの需要について

低反発マットレスにとって代わるように台頭してきたのが高反発マットレスです。アスリートや有名人を多数起用して広告手法が一般的となり誰もかれも高反発マットレスを使ってる状態。しかし、気を付けなければいけないのはアスリートと一般人とでは日本人と欧米人と同じように体格、筋肉のつき方に大きな隔たりがあります。アスリートが使っているからと言って必ずしもあなたの身体に良い影響を与えるものではないことを頭の片隅に置いておきましょう。国内では今や一般的とも呼べる知名度の高反発マットレスですが、欧米では高反発マットレス単体で寝具として使用されることは少ないです。数種類のウレタン素材を組み合わせて、欧米人のつきでたお尻がしっかりと沈み込みながらも大柄な体格を支える構造が取られています。高反発マットレスについて更に詳しく知りたい方はこちら


低反発vs高反発 私の結論

低反発マットレスの説明で日本人には合わないと断言してきましたが、低反発にも有効的な使い方があります。 それは厚み3cm~5cm程度の低反発パッド(マット)のようなものを活用する方法です。高反発マットレスは本来、硬すぎず柔らかすぎないように設計されていて当然なのですが、例えばメーカーが想定する範疇以外の体格の人が使ったり、またはクオリティの低い高反発マットレスだった場合にどうしても寝心地が合わないという人が出てきます。その場合に、高反発マットレスの寝心地をちょっと柔らかくするために低反発パッドを上に敷いて使うというのがオススメです。3cm~5cmの厚みであれば、過度に身体が沈み込み寝姿勢が歪むということもないですし低反発の寝心地を実現しながらも高反発マットレスで全身を体圧分散するという理想的なマットレスに早変わりします。事実、マニフレックスの商品で寝心地に定評のあるフラッグFXなども表面の2cmはほとんど低反発の素材が使われています。 低反発素材のパッド以外にも色んな種類のパッドが存在します。汗をかきやすい人には寝汗をグングン吸ってすぐに乾く羊毛パッドや、寒い冬に重宝する毛布素材のパッド。後は熱帯夜にひんやりする冷感パッドなんて商品もあります。基本は高反発マットレスを使用しつつパッドで寝心地を調整するというのが最終結論です。


 

▲上へ戻る